ビジョン・政策

 

   ビジョン

 

家族形態、労働形態、価値観の変化により地域コミュニティーは多様化しました。子育て、教育、福祉等施策の前提となる「地域」が変貌する中で、「地域で支える」といわれても対応が困難な状況を生んでいます。それは町内会活動、民生委員・児童委員活動、子育て支援、子ども達の放課後の居場所・見守り、災害対策、認知症・独居高齢者対策等の場面において様々な課題として現れています。
現在、高齢化社会を支える新たなシステムとして介護保険法改正による「地域包括ケアシステム」の構築が求められていますが、地域が多様化する中でシステムの構築は容易では
ありません。従来の地理的コミュニティーを前提とした発想だけでは対応が困難であり、時代の変化に合わせた新たな視点でのコミュニティー形成の取り組みが必要です。

 

他の政策を読む

 

働けば報われるあたりまえの社会に

 

時代に合った子育て支援の推進

 

政治・行政改革

 

コミュニティー再生

 

インバウンドの積極的推進

 

第4次産業革命における人間性の確保

 

安全保障

 

食の安全

 

お問い合わせ

 

宮城県多賀城市高崎3-12-5 坂東毅彦