ビジョン・政策

 

   ビジョン

 

家庭内に人手があり家庭で子育てをすることを前提とした大家族の時代と、核家族化が進み共働きも一般的になった今日とでは、子育て環境が大きく変わっています。
家庭での保育を前提に保育に欠ける一部の家庭の子育てを支援する施策として始まった児童福祉法に基づく保育所で、保育環境が大きく変化した今日の子育て需要に答えることには限界があり、保育環境の変化に合わせた抜本的な施策の見直しが必要です。男女協同参画社会、女性の社会進出を促進するのであれば尚更、早急に児童福祉法による保育所とは異なる現代にあった施策の検討が必要です。見直しにあたっては全ての子どもを対象とした小学校入学前までのトータルな育児支援施策の検討必要です。

 

他の政策を読む

 

働けば報われるあたりまえの社会に

 

時代に合った子育て支援の推進

 

政治・行政改革

 

コミュニティー再生

 

インバウンドの積極的推進

 

第4次産業革命における人間性の確保

 

安全保障

 

お問い合わせ

 

宮城県多賀城市高崎3-12-5 坂東毅彦